ホーム

『近い将来、太平洋戦争を経験した生き証人は一人もいなくなります。
そうなると、私達が本当に知るべき重大な真実まで消えてしまうのでしょうか?』


いえ、証人は消えても、証拠は生きています。戦地で記された日記が証拠として存在しているからです。

戦時中起きた事実を示す大方の資料は、敗戦と同時に日本軍によって、意図的に焼却されてしまいました。

その中で「虜人日記(りょじんにっき)」は戦地から骨壺に潜ませて持ち帰られ、戦後に手が加えられること無く凍結していた、貴重で希有なドキュメントです。

ryojin-books

それは戦時のあり得ないような真実を伝えているからです。否定したくなる真実を見つめさせてくれる証拠として。

著者の小松真一が選択の余地のない異常事態の中に放り込まれ、生還するまでの3年半に及ぶ体験録です。

●虜人日記とは?
32歳になったばかりの小松真一は、妻と2人の子 を残し、軍属(民間のアルコール技師)として、 フィリピンの戦場に送り込まれた。

当時、既に日本の敗色は
濃く、真一は2年の間、死の危険をかいくぐり続け、 敗戦と同時に捕虜となり、収容所でその経験を記しました。

カラフルなイラストと共に描写されたドキュメントの総称が「虜人日記(りょじんにっき)」と呼ばれます。

●一切の着色のない、戦地で記された実録の数々

ネグロス島のジャングルで米軍からの逃亡中に記された手帳のメモ

Picture 2 of 5

↑↑クリックすると様々な絵をご覧頂けます↑↑


※虜人日記は、1975年に筑摩書房より文字のパートが編集され出版されました。
そして、今日でも多くの方に読み継がれています。

book

第29回毎日出版文化賞受賞
(1975年)

amazon-logo_JP_black

【フィリピン・ルソン島の捕虜収容所の証明書】

certificate2

CERTIFICATE
LUSON PRISONOR OF WAR #1.APO 75
I certify that Komatsu Shinichi 51J-43984
is a processed Prisoner of War, cleared by WCID.

ROBERT T. CUMBACK
Prison Officer

2013-09-08-13-28-42

70年間、銀行の貸金庫に眠っていた
未公開ドキュメントをWebで公開中

movie【投降の際の日本兵(捕虜)とアメリカ兵との会話】
1945年9月1日 フィリピン・ネグロス島にて投降の際の日本兵(捕虜)とアメリカ兵との会話。米兵は22歳でオクスフォード大学の学生だった。

【山本七平氏が読み解いた小松真一の「敗因21ヶ条」の原文】

●重大な真実を知ることで、何が得られるのか?
人類は戦争の度に、もうあんな悲劇は繰り返すまい、二度と失敗しまいと学んではきました。

何を得るかは、否認したい真実がどこまで受け止められるかで決まります。

真一はこの間、何度死んでもおかしくないほど、命拾いを重ねました。これら究極の非常事態も淡々と描写されています。

奇跡が続いたから生き残れた訳ですが、なぜそうなったのでしょうか。

平和に暮らす私達にも、いつでも究極の非常事態は起こり得ます。そこまでいかなくとも日常に、受け入れがたい現実は起こります。その時、自分はどうするか?

70年経った今でも、大戦から学ぶべき最も大切なことです。

【大和盆地より御嶽山への登り口の絶壁】
アメリカ軍がネグロス島に上陸し、日本軍は武器も食料の準備がないまま、山岳ジャングルに逃げ込み数ヶ月が経ち、すでに壊滅寸前にあった。

更に山奥へと逃げ込むための登り口にある絶壁。

(注: 当時、フィリピンには、正式なスペイン語等の地名があった中、日本軍は日本語の地名を付けていた。)

enter bnr