日本人エンジニアが戦地で残した奇跡の記録!

虜人日記映画化プロジェクト

はじめに

近い将来、太平洋戦争を経験した生き証人は一人もいなくなってしまいます。
そうなると、本当に知るべき重大な真実まで消えてしまうのでしょうか?

いえ、証人は消えても、証拠は生きています。
当時の戦地で記された日記が証拠として存在しているからです。


戦時中起きた事実を示す大方の資料は、敗戦と同時に日本軍によって、意図的に焼却されてしまいました。
その中で「虜人日記(りょじんにっき)」は戦地から骨壺に潜んで持ち帰られた一次史料です。生き証人の証言が、時代と共に再構成され、変化して行くのはごく自然のことです。
しかしこの日記は、戦後社会の大きな意識転換に沿っても、加筆修正などされず、そのまま凍結していた、稀有で貴重なドキュメントです。

ryojin-books
この史料は小松真一(こまつしんいち)という一個人の体験録です。彼自身が見聞き経験した、あり得ないような事実=誰もが否定したくなる真実が描写されています。それらをどの様に解釈し、どの様に反応するかは、まさに受け手の私たち次第なのです。

彼が究極の経験を重ねたからこそ、事実は淡々と語られています。センセーショナルに伝えようとする意図がないのです。それがかえって読者には、自らがその時その場に居て、真一の側で経験している様な、生の反応を可能にするのです。

虜人日記博物館へようこそ

english 作品➊:外業者集合の絵

作品➋:大工の現場作業の絵

作品➌:ガードの明りで麻雀をやるPWの絵

著者の小松真一が生還するまでの3年半に及ぶこの体験は、フィリピンの捕虜収容所で記されました。
豊富なイラストと文章は、戦後30年経ち、筆者の死と共に遺族により編集され、書籍になりました。(現在ではちくま学芸文庫)
そして更に40年後の2013年、未公開の資料も含め、「虜人日記WEB博物館」が創られました。

記録を残すことなど不可能な過酷な状況下で、
真一はなぜこのドキュメントを残したのか?


その答えを追求し博物館を機能させることが、私たちの使命です。
日記が書かれた時代の言葉は現代人には古典的になって来ました。
また言語も文化も異なる世界中の人々に、真一が伝えずにはいられなかったことを、どの様に伝えて行けるのか。

経験したくない異常体験を通して得た、この重い真実を、世代や言語を超えて世界中の人々と分かち合う意義は重大です。
虜人日記の存在やその意義を、広く知っていただくことが、何より最初に必要な大仕事です。
私たちにもよく分からない史実を紐解いたり、外国語に翻訳したり、膨大な仕事が山積みです。
英語で虜人日記を読みたい」、そして映画化やTVシリーズ化で「誰にでも分かりやすく体験したい」という要望もこの7年間で次第に強くなって来ました。

託された使命を私たち遺族に留めておくには我々は非力です。
虜人日記に共感し、この真一の遺志を読み取ってくださる方々のご協力を是非お願いし、前進させて行きたいのです。

もし、あなたがここに居たら?






Web博物館へ入場