E室:メディア紹介の部屋

E room

【虜人日記について】
●1974年に私家版「虜人日記」が刊行される。
●翌年に、筑摩書房から「虜人日記」(のちちくま学芸文庫)。
同年に毎日出版文化賞を受賞する。

ryojin.book

【子供向けの絵本】
子供向けの絵本「せんそうってなんだったの?」(学研)のシリーズで「父ののこした絵日記」が刊行される。(2014年)
book

【評論家・山本七平氏 (日本人とユダヤ人の著者】
作家・山本七平氏の代表作「日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条」(角川oneテーマ21)にて、小松真一の虜人日記で記した「敗因21ヵ条」が紹介される。
中略)現在われわれが読みうる最も正確な記録であろう。では、そういう記録があるであろうか?ある。私は、故小松真一氏の『虜人日記』に、それを見出したのである。(山本七平氏の代表作「日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条」の10ページより(角川oneテーマ21))

【経団連元会長/トヨタ自動車元会長:奥田碩氏】
虜人日記をベースに書かれた山本七平氏の「日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条」を奥田氏はトヨタ幹部に「是非読むように」と薦めた本と記している(出典:日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条」著者:山本七平(角川oneテーマ21)の表紙より)
Mr. Yamamoto

【作家・勝間和代氏】
週刊ダイヤモンド2008年10/11月号にて、虜人日記を厳選書籍の1つに選出する。下記が勝間氏の虜人日記に関する記述です。
「第2次世界大戦を実際に体験し、逃亡生活と抑留生活を記憶し続けた科学者の記録。「日本はなぜ敗れるのか」と併せて読みたい」。同氏の「日本はなぜ敗れるのか」に対するコメント「最初の『敗戦21か条』が最高。背筋が寒くなるくらい、今も何も変わっていないことに対して危機感をかき立てられる」
magazine

週刊ダイヤモンド2008年10/11月号、129ページより

  
【メディア紹介の実績】
1974 虜人日記(私家版) 発刊

 月刊「現代」10月号 p180~192 
 もう一人の「異常体験者」の日記  山本七平著
 虜人日記との出会いとその驚きを記述

1975 連載「虜人日記との対話 敗戦21カ条」 山本七平著
  ・角川書店 野生時代(月刊誌) S50年4月号~51年4月号
  ・後に(平成16年) 角川書店より「日本はなぜ敗れるのか 敗戦21カ条」として発刊

 虜人日記 筑摩書房より発刊
 週刊朝日 8月15日号~9月26日号 連載
 長編特集  「一下級将校の見た帝国陸軍」   山本七平著

 「虜人日記」 毎日出版文化賞 受賞

1976 「比較文化論の試み」 山本七平著 講談社学術文庫 
  ・虜人日記を引用して展開

1976 一下級将校の見た帝国陸軍」 山本七平著 朝日新聞 
  ・虜人日記の文章、絵を多数引用し展開

1980 三省堂  「画報 日本近代の歴史 第13巻 大日本帝国の終焉」
 日本近代史研究会編
  ・p6~7 虜人日記の「捕虜収容所の生活」の絵9枚 と説明 引用

2004 「日本はなぜ敗れるのか 敗戦21カ条」 山本七平著 角川書店より発刊
  ・虜人日記の解説書

2004 虜人日記 筑摩書房より文庫版発刊(ちくま学芸文庫)

2011 「日記に読む近代文学 4 昭和前期」 土田宏成編 吉川弘文館
  ・終戦時の日記として掲載

2014 子供向けの絵本「父ののこした絵日記」(学研)が刊行

d1