虜人日記とは?

j1

虜人日記(りょじんにっき)
著者:小松真一 (こまつ しんいち)
民間エンジニアによる着色のない戦地の記録
(1946年完成
)
資料ページ:「虜人日記・全巻」の一覧を見る

【あらすじ】
32歳になったばかりの小松真一は、妻と2人の子 を残し、軍属(民間のアルコール技師)として、 フィリピンの戦場に送り込まれた。当時、既に日本の敗色は
濃く、真一は2年の間、死の危険をかいくぐり続け、 敗戦と同時に捕虜となり、収容所でその経験を記した。カラフルなイラストと共に描写されたドキュメントの総称が「虜人日記(りょじんにっき)」と呼ばれる。
出征から帰還するまでの3年余の経験が、以下の三部から構成されている。

・第1部:「漂流する椰子の実」1943年7月〜1945年3月 
      命を受けてから戦地へ、決死の島めぐり、爆撃下の生活

・第2部:「密林の彷徨」1945年4月~1945年9月 
      山岳ジャングルへ死の逃避行

・第3部:「虜人日記」1945年9月~1946年12月 
      捕虜生活そして帰還

nikki3

休日の収容所–日記はこんな雰囲気の中で描かれた

“絵具がないので医務室から薬をもらってきて色を出す。
アデブリンで黄、赤チンで赤というように。
菊皿代用は机の板、筆はマッチの軸木に脱脂綿を巻き付けたもので代用。
それでもどうやら絵ができる。”

<引用:「第12労働キャンプの生活」より>

memo

虜人日記の元となる手帳のメモ
(密林で米軍からの逃亡の際に記された)

●奇跡の連鎖
何度も奇跡的に命拾いを重ねた真一は、「書く」ことなど到底考えられない状況でもメモを残し、それを基に収容所で日記を書いた。同様の体験をした人々は、誰もが生き残ることが精一杯なのに、記録が存在していること自体が奇跡的だと言う。

帰還の際のどさくさでは、様々な理不尽な理由で記録は没収されかねなかった。そこで11冊にもおよぶ日記、画帳、メモ帖などは骨壷に隠し、密かに日本に持ち帰ることができた。

しかも、戦後この記録は、家族や近しい友人に見せることはあっても、世に出ることはなく、長いこと銀行の金庫で眠り続けていた。

アメリカ軍が発行した
「記録の持ち出し許可証」

真一の日記が、戦地フィリピンの捕虜収容所で記されたことを証明する公式ドキュメント。
usa
<和訳>

捕虜収容所番号#2

ルソン戦争捕虜キャンプ#1

証明書

1946年11月6日
これは、これらの本が小松真一氏(捕虜番号:51-J-43984)の所有物であることを証明する。

    ノートブック
      No.1~No.8(日記)
      合計8冊のみ

     OK to keep (所持を許可する)     
     Loren D. Pratt
               2nd Lt. Inf.
               捕虜収容所・司令官

●読み続けられる『虜人日記』

’73年1月、真一は61歳のとき脳溢血で死去。翌年、遺族が『虜人日記』を編集、私家版として出版した。
その翌年、筑摩書房から市販され、’75年の毎日出版文化賞を受賞。文学作品としても高い評価を受けることとなった。

『日本はなぜ敗れるのか・敗因21ヵ条』の著者山本七平氏は筑摩版の虜人日記のあとがきに、この日記のもつ稀有な歴史資料価値を強調している。戦場の資料は、敗戦と同時に軍部によって意図的に焼却されたため、ほとんど存在していないためだ。

虜人日記に記されている「敗因21ヶ条」原文

<参考資料:虜人日記・ちくま学芸文庫 「日本の敗因 P334~335」>

Mr. Yamamoto

真一の「日本の敗因21カ条」を基に書かれた山本七平氏の著書

さらにこの日記が、ほぼ現地、現場で記されたままで、後の時代変化に合わせ修正されたりすることもなく、オリジナルのまま保存されていたことも重要である。
私家版から30年後『虜人日記』は、ちくま学芸文庫入りし、更に長く読み続けられている。
book-ryojin3

第29回毎日出版文化賞受賞
(1975年)

3 types

私家版(上) 1974年発行

筑摩書房(左)初版1975年

ちくま学芸文庫 初版2004年

Amazon.co.jpで書籍の虜人日記を見る