g) 戦地で携帯した手帳

虜人日記は、真一がアメリカ軍の捕虜になった後に捕虜収容所の中で記されました。その日記のベースになったのが、彼が戦地で携帯していた軍隊手帳です。その手帳には、移動スケジュール、ブタノール工場の技術的な事、戦死した友への詩など様々な内容が含まれます。
k1

●真一が日本からフィリピンへ赴任するまでの日程

k6
  ’2月12日 東京発 → 沼津泊
     13日 沼津(13:20) → 岐阜(18:30)
     14日 各務原 第5飛行隊に連絡
     15日 出発せず待機
      ↓
     29日 10:00 各務原出発(比島の隊長 山本少佐)
          12:00 新田原着
          12:30 新田原発
          15:30 那覇着 一泊
  ’3月1日  12:30 那覇発
          14:30 クラグ着
          15:00 クラグ発
          15:30 クラグ着

●ブタノール工場の設備に関するメモ

真一は、ガソリンに替わる代替燃料のブタノールを精製する工場の責任者の立場であった。
k33

●ブタノールの原料の収穫情報

k16
椰子山
 ・1ヘクタール当り椰子150本
 ・1本の椰子から年40ケ
 ・ヤシの実 5000個からコブラ1屯
 ・コプラから油60%
 ・コプラミル  50%

 ・ヤシ1ケ  1000~1400g
    外皮   460g
    外殻   225g
    コプラ   259g
 水     150g

 ・枯葉 1ヘクタール当り  1年1屯

 ・実生後 7~8年でなりだし
  30~70年が良し
  開花より10か月で収穫

●フィリピンの密林で戦死した戦友への詩

memo friend
    山の戦友よ

    共に死のうと誓ったに
    お前一人を残したまんま
    おめおめ下る意気地なし
    大命なんだ許せよと
    心の中で詫びている
    俺も男だあしたから
    みことのままによい身と思へ
    刀折れたがはだか身で
    国のみはしら打ち建てて
    お前の約束果してみせる

    あの時頼んだ友の毛は
    お前のたてた天晴れの
    手柄をほこる感情?と
    お守り袋と一緒に入れて
    お国の母子と????

    それじゃー下りるぞさようなら
    淋しかろうが??の間
    マンダラガンの森中で
    俺が迎えに来る日まで
    必ず待っておるんだぞ