ホーム

『近い将来、太平洋戦争を経験した生き証人は一人もいなくなります。
そうなると、私達が本当に知るべき重大な真実まで消えてしまうのでしょうか?』


いえ、証人は消えても、証拠は生きています。戦地で記された日記が証拠として存在しているからです。

戦時中起きた事実を示す大方の資料は、敗戦と同時に日本軍によって、意図的に焼却されてしまいました。

その中で「虜人日記(りょじんにっき)」は戦地から骨壺に潜ませて持ち帰られ、戦後に手が加えられること無く凍結していた、貴重で希有なドキュメントです。

ryojin-books

それは戦時のあり得ないような真実を伝えているからです。否定したくなる真実を見つめさせてくれる証拠として。

著者の小松真一が選択の余地のない異常事態の中に放り込まれ、生還するまでの3年半に及ぶ体験録です。

●虜人日記とは?
32歳になったばかりの小松真一は、妻と2人の子 を残し、軍属(民間のアルコール技師)として、 フィリピンの戦場に送り込まれた。

当時、既に日本の敗色は
濃く、真一は2年の間、死の危険をかいくぐり続け、 敗戦と同時に捕虜となり、収容所でその経験を記しました。

カラフルなイラストと共に描写されたドキュメントの総称が「虜人日記(りょじんにっき)」と呼ばれます。

●一切の着色のない、戦地で記された実録の数々

マニラ市街地での一コマ
マニラ市街地での一コマ
« 1 6 »

↑↑クリックすると様々な絵をご覧頂けます↑↑


※虜人日記は、1975年に筑摩書房より文字のパートが編集され出版されました。
そして、今日でも多くの方に読み継がれています。

book

第29回毎日出版文化賞受賞
(1975年)

amazon-logo_JP_black

虜人日記Q&A

●基本情報

Q:虜人日記(りょじんにっき)ってどんな日記?

Q:著者の小松真一ってどんな人?

Q:なぜ真一はフィリピンへっ赴任する必要があった?

Q:戦地では何を食べていたの?

●米軍捕虜収容所での生活

Q:トイレはどうしていたの?

Q:収容所では自由な時間はあったの?

Q:米兵との物々交換って何?

Q:暴力団が追放された結果って?

Q:日本の敗因21カ条って何?